東京下町御徒町より
ホーム マキコレワイン
商品一覧
マキコレワイン
商品並び替え:



マキコレワインとは金井麻紀子さんが1993年に渡仏し、十数年かけて多くのワイン、多くの生産者と出会い、その中で、日本人の舌に合う、繊細な味わいの、ごまかしの無い本物の自然派ワインを発掘したもので、どのワインもボトルの中に造り手の情熱と人間性が満ち溢れている貴重なワイン達です。

マキコレワインの造りのコンセプトをもう少し詳しく説明しますと、まず第一にブドウの収穫量を出来る限り抑えます。例えば一本の木に成らせる房の数を通常8個つけるところを5個に抑えます。それにより、より凝縮度の高い実を収穫する事ができ、豊富な果実味としっかりとしたボディのワインを造ることが可能になります。しかしワインの生産量が減るため、生産者の収入が減るという厳しい現実がありますので簡単に出来ることではありません。
と同時に畑仕事に余念がなく、完熟した健康なブドウを収穫するため、一年中畑にへばりついている生活です。結果として収穫量を抑えた完熟した健康なブドウを得ると、ブドウ自体が酸化に強くSO2(酸化防止剤)の添加が極力少なくてすみ、長い熟成に堪える、飲み口もピュアな理想的なワインを造ることが出来るのです。
酸化防止剤の添加を極力抑えることにより、ワインを少々飲み過ぎても、翌日頭が痛くなったり悪酔いすることが無く、飲み手にとっても、この上ないワインです。
この様に良質のワイン造りに没頭し、大変な重労働を惜しまず情熱を傾ける生産者は、そう多くは存在しません。金井麻紀子さんが生産者サイド(フランス国から認可の醸造責任者の資格をもつ)からながめ、この畑仕事、この人間性と納得した生産者のワインだけを選んだ貴重なものです。これ以上多く語らなくても、これらのワインを飲んで頂ければ、もっと多くのことをワインが語りかけてくれると思います。

マキコレワインはインターネットでは販売しておりません。マキコレワインのほとんどが小さな生産者であり、数に限りがあるためです。

ご来店をお待ちしております。
登録アイテム数: 27件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
パトリス・マルク(シャンパーニュ)

パトリス・マルク(シャンパーニュ)

[在庫あり]
エペルネイの北西、20Kmほどの小高い丘にあるフルーリー・ラ・リヴィエール村にあるドメーヌ。1625年より代々ぶどう作りをしてきたが、その殆どをコーペラティヴ(農協)に売っていて、自社瓶詰めが出来るよ…
ルネ・フライト=エシャール(アルザス)

ルネ・フライト=エシャール(アルザス)

[在庫あり]
アルザス地方、コールマール市から西へ5キロほど行ったインゲルスハイム村にあるドメーヌ。25年前からここにキュヴリー(醸造所)を構え、家族で経営している。周りをぐるりとリースリングやトケイ・ピノ・グリに…
ヴァンサン・ピナール(ロワール)

ヴァンサン・ピナール(ロワール)

[在庫あり]
サンセール、ブエ村のスーパースター、ヴァンサン・ピナールの名前を聞いたことの無い人は少ないだろう。その名も、ヴァンサン(サン・ヴァンサンと言えばワインの神様)、ピナール(フランス語で酒の意味)、と言う…
ドゥ・ラ・ペリエール(ロワール)

ドゥ・ラ・ペリエール(ロワール)

[在庫あり]
サンセールの町から西へ2km、ヴェルディニー村のトリオングル・ドゥ・ラ・ペリエールの丘にあるドメーヌ。昔、石灰岩の採石場の洞窟をそのままキュヴリーとカーヴにした、巨大な施設を持つこのドメーヌは、191…
オー・ペロン(ロワール)

オー・ペロン(ロワール)

[在庫あり]
当主のセドリック・アリオン氏(名前も苗字も車の名前)で、三代目になる。父親のギー・アリオン氏と二人で畑と醸造を手がける。収穫量を抑えた濃縮度の高いワインは、味の旨さ濃さ共に、これほどしっかりしていてエ…
ミレー(シャブリ)

ミレー(シャブリ)

[在庫あり]
シャブリの町から10kmほど郊外にあるトネール村にあるドメーヌ。 1980年から自社瓶詰めをおこなっているドメーヌを若き醸造家ボードワン・ミレー氏が継いだのは1998年。年々品質の向上に力を入れている…
デニ・ポミエ(シャブリ)

デニ・ポミエ(シャブリ)

[在庫あり]
ポワンシー村にある、8ヘクタールを所有する生産者。シャブリで近年数えるほどになってしまっている手摘み収穫生産者の一人。7世代続いているドメーヌだが、彼のお母さんの代に一度やめ、1992年に息子のデニ氏…
ジャン・クロード・ウーダン(シャブリ)

ジャン・クロード・ウーダン(シャブリ)

[在庫あり]
ジャン・クロード氏は、1986年パリでの都会の生活に終止符を打ち、奥さんの実家であるシシェ村のドメーヌに入った。元々エコロジストのウーダン家、生活のすべてが自然派のジャン・クロード氏は環境と健康を考え…
アラン・ジャニアール(コート・ド・ニュイ)

アラン・ジャニアール(コート・ド・ニュイ)

[在庫あり]
電気技師であったアラン氏がオフィスでの仕事を止め、自然の中で仕事をしたいと、オスピス・ド・ボーヌの畑管理栽培をやるうちにブドウ作りの魅力にとりつかれ、祖母の持っていた1.7haの僅かな畑をベースに20…
フォラン・アルベレ(コート・ド・ボーヌ)

フォラン・アルベレ(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
アロース・コルトン村でフランク・フォラン氏とクリスティーヌ夫人で営むドメーヌ。 地質学者だったフランク氏が奥さんの親からこのドメーヌを引き継ぎ、代々続く伝統的なコルトンのワインを昔のまま現在に伝えて…
カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル(コート・ド・ボーヌ)

カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
ボーヌから10キロほど南に向かった、ブリニィ・レ・ボーヌ村にひっそりとあるドメーヌ。 こんな小さな村に、超有名ワインを造るマレシャル夫妻がいるため、もはやブリニィ・レ・ボーヌ村も無名ではなくなってい…
ミシェル・マルタン(コート・ド・ボーヌ)

ミシェル・マルタン(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
2003年創業の新しいドメーヌだが、新しいのは奥さんとドメーヌ名だけ。生産者の次男に生まれ14歳から畑で働いていたマルタン氏はこの道30年というベテラン。昔は兄弟でドメーヌを経営し、ワインは100%ネ…
シャトー・ド・ショレイ(コート・ド・ボーヌ)

シャトー・ド・ショレイ(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
今から100年ほど前に曾お祖父さんがネゴシアンを始め、戦後お父さんのジャーク・ジェルマン氏がネゴシアンの株を売りながら畑を買い求めドメーヌにしたという。 今は息子のブノワに任せているが、引退してもな…
ビヤー・ペール・エ・フィス(コート・ド・ボーヌ)

ビヤー・ペール・エ・フィス(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
今の当主ジェロームで4代目になるのだが、正式にはお父さんのミッシェル・ビヤー氏から100%ヴィニュロンになったので2代目。今から30年ほど前まではワインだけでは生活が成り立たないので、今聞いたら驚くよ…
アルノー・アント(コート・ド・ボーヌ)

アルノー・アント(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
今ではブルゴーニュのスーパースターとして着実にその位置を確かなものにしているアルノー氏。収穫は厳しく徹底して、完熟している房だけを取るので、ソーテルヌの様に同じ畑を幾度も収穫するという異例の徹底振り。…
ヴァンサン・ダンセール(コート・ド・ボーヌ)

ヴァンサン・ダンセール(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
シャサーニュ・モンラッシェ村にキュブリーとカーヴを構え、1996年からワイン造りを始めた、30代の若き生産者。1998年に造った彼のワインが世界中のワインファンに注目され、1999年に若手生産者を代表…
ラリュー(コート・ド・ボーヌ)

ラリュー(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
ピュリニィ・モンラッシェ村、シャサーニュ・モンラッシェ村の奥にある、小さなガメイ村に居を構えているドメーヌ。1945年からワイン造りをしているが、畑担当はお兄さんのデニ氏と醸造担当の弟、ディディエ氏で…
ジャン=マルク・ボワイヨ(コート・ド・ボーヌ)

ジャン=マルク・ボワイヨ(コート・ド・ボーヌ)

[在庫あり]
エティエンヌ・ソゼの孫にあたる、ジャン・マルク氏は、ソゼから受け継いだ畑を含む素晴らしい畑を10.5ヘクタール所有している。その筆頭はバタール・モンラッシェだが、それに続く、ピュリニィ・モンラッシェ1…
ジャン・マルク・モネ(ボジョレー)

ジャン・マルク・モネ(ボジョレー)

[在庫あり]
ジュリエナの小高い丘の中腹にあるこのドメーヌは、先祖代々、この地でワイン造りをしてきた。今のジャン・マルクで、5代目となる。このところ、フランスでも話題になりつつあるモネ氏のワインは、フランスのル・ポ…
ジャン・モルテ(ボジョレー)

ジャン・モルテ(ボジョレー)

[在庫あり]
ロマネッシュ・トラン村のほぼ中心にあるドメーヌ。伝統的なムーラン・ア・ヴァンを造る残り少ない生産者。小樽で熟成した、ルショーは熟成させるとピノ・ノワールを思わせるようなキャラクターと滑らかさが出てくる…
ミュッサン(ローヌ)

ミュッサン(ローヌ)

[在庫あり]
ジャン・ピエール・ミュッサン氏と奥様のエレンヌさんが2000年に始めたドメーヌ。大手ゼネコンに勤めていたジャン・ピエール氏が家族一緒の生活をしたいと考え、大好きだったワインを選んだのは1998年。 …
アフィラント(コート・デュ・ローヌ)

アフィラント(コート・デュ・ローヌ)

[在庫あり]
ダニエル・ブール氏は、6歳の頃から父親の働く畑の中で育ち、何も考えることなくヴィニュロンになった、という生産者。とにかく畑に命をかけていて、自分の力で畑に出来ることは何でもやるという根っからの働き者。…
ブレッシー・マッソン(コート・デュ・ローヌ)

ブレッシー・マッソン(コート・デュ・ローヌ)

[在庫あり]
オランジェの北西20キロほど行くと、コート・デュ・ローヌの素晴らしい畑が広がる中に、ケイランヌ、サブレ、セギュレなどと並び評価の高いラストー村がある。1920年からワイン造りをしているが、瓶詰めし自社…
シャトー・アンドロン(オーメドック)

シャトー・アンドロン(オーメドック)

[在庫あり]
サン・スラン・ドゥ・カドゥールヌ村(Saint Seurin de Cadourne)にあるシャトー。 CHソシアンド・マレと同じオーナーだったこのシャトーは、実は1897年からクリュ・ブルジョワに…
シャトー・レ・オー・ド・カイユヴェル(シュッド・ウェスト)

シャトー・レ・オー・ド・カイユヴェル(シュッド・ウェスト)

[在庫あり]
フォアグラの聖地シュッド・ウェストのポンポール村で、マルク・デュクロック氏と奥さんのシルヴィーさんが二人で切り盛りしている小さなドメーヌ。ベルジュラックの古い畑と、モンバジヤックをアペラシオンとして持…
シャトー・ドゥ・カブリアック(ラングドック)

シャトー・ドゥ・カブリアック(ラングドック)

[在庫あり]
昔、フランスがまだ統一していなかった時代のリールの女王様が先祖と言うから、驚きのドメーヌ。昔からコルビエールでぶどう作りをしてきた、ドゥ・シバン家は、コルビエールの昔の品質を取り戻そうとがんばっている…
ドゥ・ラ・プローズ(ラングドック)

ドゥ・ラ・プローズ(ラングドック)

[在庫あり]
モンペリエの西10キロほどのピニャン郊外の丘陵地にこのドメーヌはある。10年前からこの地に移り住み、ワイン造りをはじめた。最初はコーポラティヴにブドウを売っていたが、1995年に息子のベルトランがボル…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス